【最新】老眼予防に効果的!目のサプリメント10種類比較ランキング

MENU

【最新】老眼予防に効果的!目のサプリメント10種類比較ランキング

  • 最近近くが見えにくくなってきた…。
  • 視線を変えるとピントが合いにくい…。
  • 以前よりも目の疲れが気になり始めた…。

こんな症状で悩んでいませんか?

老眼は加齢とともに誰にでも起こりうる自然な症状ですが、そうは言っても自分が老眼だと気づいた時は結構ショックですよね…。だけど、そのまま気づかなかったふりをして放っておくと、老眼の症状はどんどん進行してしまいます。

当サイトでは、老眼の症状をなんとかしたいと願う全ての人に、しっかりと対策を行ってもらいたいと考えています。そこで、口コミで人気の老眼に良いサプリ10種類を、管理人自ら購入して飲み比べてみました!

その結果、本当におすすめできるサプリだけを厳選して紹介していきますので、サプリ選びの参考にしていただければと思います。

老眼サプリを選ぶうえで大切な3つのポイント

老眼に良いサプリを選ぶうえで大切なのは、ずばり「サプリの成分」です!そもそもサプリは、食事だけでは不足しがちな栄養を補うためにあるので、成分に注目すればサプリの良し悪しが判断できるという訳ですね。

老眼という悩みに対しては、以下の3つの成分が含まれているかが重要です。

抗酸化作用が強いアントシアニンの含有量が多いものを選ぶ!

アントシアニンは、ブルーベリーなどの紫色の食べ物に含まれる色素のことで、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。ビタミンCにも同じような働きがありますが、より抗酸化作用が安定したアントシアニンの方が老化防止には効果的です。

また、アントシアニンは即効性があることでも知られており、摂取後4時間ほどで視力改善作用が認められたとの研究結果が出ています。よって、本や新聞を読む時、手元の細かな作業をする時など、近くを見る作業の前に摂ると効果的ですよ。

紫外線やブルーライトから目を守るルテイン&ゼアキサンチンが豊富なものを選ぶ!

ルテインとゼアキサンチンは「カロテノイド」と呼ばれる黄色の天然色素のことで、緑黄色野菜などに多く含まれています。これらの色素は、目の網膜にも多数存在しており、紫外線やブルーライトなど強い光を吸収して目をダメージから守ってくれています。

また、ルテインとゼアキサンチンは同時に摂取することで相乗効果が得られると言われています。アメリカの専門機関による研究によれば、ルテインとゼアキサンチンを5:1で摂取するのが最も効果的とのこと。

しかし、残念ながらルテインとゼアキサンチンはどちらも体内では合成することができません。そのため、食事やサプリによって積極的に摂るように心がけましょう。

ピント調節機能を助けるビタミン類がバランス良く含まれているものを選ぶ!

目のピント調節機能を回復させたいなら、ビタミンB群が欠かせません。ビタミンB群の仲間は沢山ありますが、目の機能を正常に保つにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12が必要だと言われています。

それぞれの具体的な働きをまとめると、

  • ビタミンB1 – 筋肉の疲れを和らげる
  • ビタミンB2 – 皮膚や粘膜の代謝を助ける
  • ビタミンB6 – 水晶体や毛様体筋に欠かせないたんぱく質の吸収を助ける
  • ビタミンB12 – 視神経の機能を高める

こういった重要な役割を担っており、目には欠かせない栄養素だと言えますね。これらが不足すると、目のピント調節機能を支える「毛様体筋」という目の筋肉が疲れてしまい、近くが見えづらくなってしまいます。

また、ビタミンB群のほかにもβ-カロテンなど他のビタミンもバランス良く摂取することで、目を健康に保つことができるでしょう。

当サイトで比較した10種類の老眼サプリ

それでは早速、老眼対策におすすめのサプリを調査した結果を見ていきましょう。目に良いサプリは沢山あるのですが、今回こちらでは口コミで人気の10商品を厳選して比較しました。

先ほどサプリの選び方でお伝えした「アントシアニン」「ルテイン」「ゼアキサンチン」「ビタミン類」で他より優れているものは赤字で示しています。

商品名 アントシアニン ルテイン ゼアキサンチン ビタミン類
一望百景
紅イモ 20mg 0.8mg ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
めなり
ビルベリー、カシス 12mg 2.4mg ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12

ビタミンC
ビタミンE
北の国から届いたブルーベリー
ビルベリー、カシス 0.53mg ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
えんきん
黒大豆、ビルベリー 10mg
ビルベリー
プレミアムα

ビルベリー、カシス、他3種 含有量不明 ビタミンA
ビタミンB2
ビタミンE
ブルーベリー&メグスリノ木EX
ビルベリー、カシス、他5種 1mg 0.2mg ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12

β-カロテン
ビタミンC
アスタブライト
マキベリー 6.0mg ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6

β-カロテン
ビタミンC
ビルベリースカット
ビルベリー、カシス 48mg ビタミンA
大正ブルーベリー
ビルベリー 6.0mg ビタミンC
ルックルックベリー
ビルベリー、アサイー、カシス 含有量不明 ビタミンA
ビタミンE

老眼サプリおすすめランキングTOP5

ランキングの評価基準について

当サイトでは、老眼サプリを選ぶうえで「アントシアニン」「ルテイン」「ゼアキサンチン」「ビタミン類」の含有量が最も重要だと考えています。サプリはあくまで食品なので、医薬品のように効果・効能を表記することができません。しかし、成分の含有量を比較すればその差は一目瞭然です。本当に実感できるサプリを求めているなら、成分が優れたものを試してみてください。

めなりの特徴
めなりはアイサプリの主成分であるアントシアニンやルテインのほか、ビタミン類などのサポート成分をバランス良く配合しています。ただ成分が豊富なだけでなく、アメリカの研究機関「AREDS」のデータに基づいて、体への吸収率や持続力も考えられているのがめなりの凄いところです。いつまでも若々しい目でいたいと願う全ての人におすすめできるサプリだと言えるでしょう。
定期購入価格 初回 907円/2回目以降 2,980円
通常価格 3,980円
1日あたりの価格 約99円
原材料 ビルベリー、カシス、マリーゴールド、ヘマトコッカス藻など
ルテイン 12mg
フリー体ルテイン配合
ゼアキサンチン 2.4mg
ルテインとの黄金比5:1で配合
アントシアニン ビルベリー170mg、カシスエキス
特許取得の特別なビルベリー
サポート成分 アスタキサンチン、クロセチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、銅、β-カロテン
おすすめ度 星4.5
めなりの総評
めなりは当サイトで比較したサプリの中で、特に成分のバランスが優れており目の健康維持には最適のサプリだと言えます。ピント調節に関わるカシス由来のアントシアニンのほか、ルテインやゼアキサンチンの含有量でもトップクラスです。また、ビタミン類やミネラルなど体にとっても嬉しい栄養が豊富に含まれているので、老眼だけでなく目の悩みを幅広くカバーできるでしょう。
一望百景の特徴
一望百景は「アイサプリ=ブルーベリー」というこれまでの常識を覆す紅芋から作られた新感覚のアイサプリです。特に原料にはこだわっており、紅芋、八重山かずら、千寿菊など沖縄地方でしか獲れない希少な食材だけを使用しています。安心できる国産素材のサプリですが、1日あたり54円と価格もリーズナブルなのが人気の秘密です。安全性重視の人にはピッタリのサプリだと言えるでしょう。
定期購入価格 初回 1,620円/2回目以降 1,620円
通常価格 1,800円
1日あたりの価格 約54円
原材料 紅芋、八重山かずら、沖縄もずく、千寿菊など
ルテイン 20mg
フリー体ルテイン配合
ゼアキサンチン 0.8mg
ルテインとの相乗効果あり
アントシアニン 紅芋369.1mg
加熱に強いアントシアニン
サポート成分 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、フコイダン
おすすめ度 星3.5
えんきんの特徴
テレビCMでも有名なファンケルのえんきんは、手元のピント調節機能が臨床試験で認められたサプリです。また、長時間近くをじっと凝視することによる首や肩の疲労を和らげる効果も確認されています。また、抗酸化作用で今話題のアスタキサンチンやDHAなど、老眼が気になる中高年世代が積極的に摂りたい成分が豊富に含まれています。会社としての認知度も十分なので、定番商品からまずは試したいという人にもおすすめですよ。
定期購入価格 初回:1,800円
2回目以降:1,800円
通常価格 2,000円
1日あたりの価格 約60円
原材料 ビルベリー、黒大豆など
ルテイン 10mg
1日の目安量をしっかり配合
ゼアキサンチン
アントシアニン 黒大豆種皮26.5mg、ビルベリー20mg
サポート成分 アスタキサンチン、DHA
おすすめ度 星4.0
アスタブライトの特徴
アスタブライトは今注目の成分「アスタキサンチン」を主成分に、8種のアントシアニンを含むマキベリーなど厳選された高級食材だけで作られたワンランク上質なサプリです。含まれている栄養の種類ではトップクラスで、老眼以外にもドライアイの症状が気になる人にはおすすめです。少々割高でも品質が良いものを選びたい人にはぴったりだと言えるでしょう。
定期購入価格 初回:1,834円
2回目以降:3,982円
通常価格 4,908円
1日あたりの価格 約132円
原材料 アスタキサンチン、マキベリー、ブルーグリーンアルジーなど
ルテイン 6.0mg
1日の目安量をしっかり配合
ゼアキサンチン
アントシアニン マキベリー100mg
8種のアントシアニンを含むスーパーフード
サポート成分 アスタキサンチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、β-カロテン、ビタミンC、DHA、EPA、亜鉛
おすすめ度 星3.5
ブルーベリー&メグスリノ木EXの特徴
小林製薬が開発したブルーベリー&メグスリノ木EXは、ピント調節機能を高めるカシスなど6種のベリーフルーツからとれたアントシアニンを豊富に含んでいます。また、太古の昔から目に良い薬草として伝わる「メグスリノ木」など独自の成分も配合されています。製薬会社のサプリという安心感もあり、品質や安全管理が徹底されているという点でも評価できます。
定期購入価格 初回:1,000円
2回目以降:1,800円
通常価格 2,000円
1日あたりの価格 約60円
原材料 ビルベリー、カシス、ゴジベリー、マキベリー、リンゴンベリー、ハスカップ、クランベリー、メグスリノ木エキスなど
ルテイン 1mg
ゼアキサンチン 0.2mg
ルテインとの黄金比5:1で配合
アントシアニン ベリー類合計130.5mg
様々な種類のアントシアニンを含有
サポート成分 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、β-カロテン、DHA、EPA
おすすめ度 星3.0

迷ったらこれ!老眼サプリで最もおすすめなのは「めなり」

めなりレビュー

当サイトで老眼対策サプリを比較した結果、成分や価格など総合的に一番優れていたのはめなりであることがわかりました。

めなりをおすすめする理由は沢山ありますが、特に他と比べて優れている5つのポイントを見てみましょう。

  1. 特許取得のビルベリーとピント調節を助けるカシスのW効果
  2. ルテインとゼアキサンチンが最も相乗効果が高まる黄金比で配合
  3. ビタミンやミネラルなどのサポート成分が充実
  4. 日本眼科学会も推奨する「AREDS」の研究に基づいたサプリ
  5. 15日間の返金保証付きで初めてでも安心

めなりは、アメリカで行われた「AREDS」という目のサプリについての研究結果に基づいて作られています。AREDSとは具体的に、成分の組み合わせが異なる何通りものサプリを用意して、飲んだ人と飲まなかった人で違いを比較するというものです。

AREDSが行われたことで「どの成分をどれくらい摂るのが目に良いのか」という指標が明らかになり、日本でもAREDSの研究結果をもとに目のサプリが販売されるようになりました。

めなりはAREDSに基づいて、ルテインやゼアキサンチンを最も効果的な比率で配合。そのうえ、ビタミンやミネラルなどのサポート成分を9種類も含んでいます。また、ビルベリーだけでなく、目のピント調節機能を助けるカシス由来のアントシアニンも配合されているのが嬉しいですね。

また、めなりは保証やサービスの面でも充実しています。初めての購入なら15日間の返金保証が付いているので、安心して試すことができますよ。

老眼サプリって本当に効果ある?サプリを飲んだ人の口コミを調べてみました!

これまで老眼におすすめのサプリについて紹介してきましたが、実際にサプリを飲んでみないと本当に効果があるのかわかりませんよね。

そこで、実際にサプリを飲んだ人はどう感じているのか、twitterやYahoo!知恵袋などネットの口コミをまとめてみたので順番に見ていきましょう。

twitterの口コミ

Yahoo!知恵袋の口コミ

私も老眼が始まって読書やテレビを見るときに目が疲れるようになったのでブルーベリー?メグスリノキ?と半信半疑だったサプリを飲んでみました。

すると、翌朝には目の周りの筋肉と神経の疲れがとれて自分でも驚いています。知恵袋の質問主の方にもおすすめしたところ、BAと感謝の言葉をいただきました。

無意味などと言われることもありますが、自分はそうは思いません。

参考:Yahoo!知恵袋

私も40歳を過ぎた頃から近くが見えにくくなってきました。

ですが、43歳になった今でもまだ老眼鏡なしで生活できています。近くを見て遠くを見る老眼予防のトレーニングをしたり、目に良いサプリを飲み続けたり色々対策はしています。

そのおかげか、老眼かな?と気づいた頃からあまり症状が進んでいません。むしろちょっと良くなったように感じますよ。

参考:Yahoo!知恵袋

私も眼精疲労で悩んでいるので「クロセチン」という成分が入ったサプリを飲んで対策しています。眼精疲労に関してはブルーベリーよりも効果があるとか…。

これを飲み続けていたら、いつも視界がはっきりとしていてまぶたの重みも解消されてきました。また、クロセチンは目の血流を良くして老眼の予防にもなるそうですよ。

参考:Yahoo!知恵袋

目のサプリを試した人の口コミまとめ

ネットの口コミを見てみると、老眼対策にサプリを飲んでいる人が大勢いることがわかりました。

気になる効果についは、100%ポジティブな意見ばかりではないのですが、全体の8割から9割ぐらいは「サプリを飲んでから近くが見やすくなった気がする」など良い口コミがほとんどでした。

ただ、口コミを見る限り、70歳以上の高齢者やかなり進行した老眼に関しては大きな効果は期待できないようです。サプリは、あくまで老眼の進行を遅らせるなどの予防や、疲労による一時的な見えづらさを和らげるといったものになります。

また、サプリは継続が大切なので1日や2日では変化は実感できません。少なくとも1ヶ月以上は飲み続けることで、劇的な変化というよりはじんわりと実感してくるとのことでした。

しかしですね…。「百聞は一見に如かず」とも言いますが、実際に飲んでみないと本当のところはどうなのかわからないですよね。管理人も口コミはある程度参考にしましたが、結局のところは自分で試して一番良かっためなりを続けています。

めなりなら初回は15日間の返金保証が付いているので、もし気になったらぜひ試してみてくださいね!

老眼にはなぜサプリが良いの?他の対策と比較した結果…!

これまで老眼対策としてサプリにしか触れていませんでしたが、他にも老眼を改善する方法って沢山ありますよね。その中でなぜサプリが老眼対策に一番良いのでしょうか?

そこで、一般的に老眼対策として知られる8つの方法を「コスト」「手軽さ」「効果」で評価しておすすめ順に並べてみました。

方法 コスト 手軽さ 効果 おすすめ度
サプリメント
月2,000円程度

毎日1~2粒飲む
老眼鏡
1本10,000円~

必要な時に装着
目薬
1本1,000円程度

1日5~6回点眼
目の体操・トレーニング
0円

5分~10分程度
食べ物
食材による

目に良い食材を調達して調理
ツボ
0円

5分~10分程度
専門書籍
1冊1,500円程度

10分~15分程度
スマートフォンのアプリ
300円~500円程度

5分~10分程度

以上の結果をふまえると、総合的に一番評価が高かったのはサプリメントによる対策でした。毎月サプリを買うコストはかかりますが、副作用もなく根本的に目の状態を良くしてくれるので老眼の予防にも最適かと思います。

もし今すぐ見え方を改善したいなら、老眼鏡をかけるのがおすすめです。ただし、必ず自分の度数に合った眼鏡を作るようにしましょう!万が一度数が合っていないと、かえって目に負担がかかることもあるので注意してくださいね。

また、老眼とドライアイの両方が気になる場合は目薬の併用も効果的です。筋肉のコリをほぐすような成分が入っている目薬なら、ピント調節機能も高めてくれますよ。

コストや手軽さで選ぶなら、目の体操やトレーニングもおすすめです。老眼に直接的な働きはありませんが、目の血流が良くなることで筋肉のコリが改善されて眼精疲労が楽になるなどの効果が期待できます。

当サイトではサプリを一番おすすめしていますが、徹底的に対策したい!という場合は、用途に応じてこれらの方法も取り入れてみてくださいね!

老眼予防に効果的な食べ物は?目の老化を防止する5つの栄養素

老眼は名前の通り目の老化が原因で起こるのですが、老化の元になる活性酸素を除去する抗酸化成分を積極的に摂れば老眼を予防できると言われているんです。

そこで、若々しい目を保つために必要な5つの栄養素と、それらが多く含まれている食材について紹介したいと思います。

アントシアニン

1日の目安量 40mg以上
アントシアニンを多く含む食品 ブルーベリー、カシス、マキベリー、紫キャベツなど

アントシアニンは、ブルーベリーなどに含まれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用のある成分として知られています。そのため、目に発生した活性酸素を除去して老化を防止してくれるのです。

また、アントシアニンは物を見る仕組みにおいても重要な役割があります。目には「ロドプシン」というたんぱく質が存在するのですが、このロドプシンが光の情報を受け取って脳に伝えることで物を見ることができています。

役目を終えたロドプシンは分解と合成を繰り返すのですが、アントシアニンはこの再合成を助ける働きも担っています。「目にはブルーベリーが良い」と言われるのは、しっかりと理由があったんですね。

ルテイン

1日の目安量 6~10mg
ルテインを多く含む食品 ほうれん草、ケール、ブロッコリー、かぼちゃなど

ルテインは、目の網膜に存在する成分で、紫外線やブルーライトなどの強い光を吸収して目をダメージから守る働きがあります。また、強力な抗酸化作用があるので、加齢変性黄斑症など目の病気の進行を防ぐなど医学的にも効果が認められています。

ピント調節機能には直接的に作用しませんが、白内障の予防や視界のコントラストを改善する働きなど、健康な目を維持するために欠かせない成分なので日頃から積極的に摂るようにしましょう。

ゼアキサンチン

1日の目安量 1.2~2.0mg
ゼアキサンチンを多く含む食品 卵黄、黄色パプリカなど

ゼアキサンチンは、ルテインと共に目の網膜部分に存在する黄色の色素のことです。ルテインが代謝により作り替えられたものがゼアキサンチンなので、ルテインと同じで紫外線やブルーライトから目を保護する働きがあります。

アメリカで行われたAREDSという研究によれば、ルテインとゼアキサンチンを5:1の割合で摂取すると最も相乗効果を発揮すると言われています。

ビタミン類

ビタミンB1 1.1~1.4mg
ビタミンB2 1.2~1.6mg
ビタミンB6 1.2~1.4mg
ビタミンB12 2.5mg
β-カロテン 3600~4000μg
ビタミンB群・β-カロテンを多く含む食品 肉、卵、にんじん、かぼちゃ、アボカド、じゃがいもなど

ビタミンと言っても沢山種類がありますが、特に目に必要だと言われているのはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、β-カロテンの5種です。

中でもビタミンB群については、筋肉のコリをほぐす働きがあるため、目のピント調節機能を維持するのに欠かせない成分だと言われています。

また、ビタミンはたんぱく質などの酵素の働きを助ける「補酵素」と呼ばれており、アイサプリの主成分であるアントシアニンやルテインが上手く作用するために欠かせないサポート成分です。

アスタキサンチン

1日の目安量 6mg
アスタキサンチンを多く含む食品 鮭、いくら、蟹など

アスタキサンチンは、鮭やいくらなどに含まれる赤い色素のことで、アンチエイジングなどの化粧品の分野でも今注目されています。

目を取り囲む細胞には「膜」のようなものが存在しており、目に必要な栄養かどうかの選別を行うのですが、アスタキサンチンは特殊な分子構造をしているためその膜をなんなく通過できます。つまり、成分が途中で壊されることなくダイレクトに目に栄養を届けられるのです。

また、強力な抗酸化作用があり目の内部に発生した活性酸素を除去できるので、目の健康を維持するために積極的に摂ることをおすすめします。

老眼についての「なぜ?」を解決!気になるQ&A

老眼の始まる年齢は?何歳から近くが見えなくなる?
目の健康状態や日頃の生活環境によっても差がありますが、一般的には40歳を超えた頃から老眼の症状が出始めると言われています。

ただ、普段から近くを見る作業が多い人は、平均よりも早く老眼の症状が出る可能性もあります。また、30歳を過ぎた頃から目のピント調節に欠かせない水晶体の機能が衰え始めるので、若いからと言って老眼にならない訳ではありません。

サプリを飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
サプリは食品なので基本的にはいつ飲んでも構いません。ただ、アイサプリに含まれるアントシアニンは摂取後約4時間で最も効果を発揮できると言われているので、できれば作業前に飲むのがおすすめです。

また、1日2粒以上のサプリなら、朝・晩の2回に分けてサプリを飲むことで1日中目に栄養が行き届いた状態を保つことができますよ。

サプリには副作用がある?飲み続けたら体に悪い?
医薬品ではないので、決められた量を守って飲んでいれば副作用が起こる心配はありません。

また、飲み続けることで体に悪い影響が起こる心配もないので、健康上に問題がなければずっと飲み続けることができます。

小さな子供や妊婦でもサプリは飲める?
アイサプリの中には「お子様でもお飲みいただけます」と書かれた商品もありますが、あまり小さなお子様にはおすすめできません。

決して飲むと危険な訳ではありませんが、成長期の子供は食事でバランス良く栄養を摂ることの方が大切です。また、成人向けに開発された商品なので、喉に詰まらせてしまう危険性なども考慮しなければいけません。

妊娠中や授乳中の方については、かかりつけの医師に相談のうえで飲まれることをおすすめします。

サプリによる老眼対策が向いていない人は?
サプリによる対策が向いていないのは、今すぐ見え方を改善したい人です。こんな場合はサプリよりも、老眼鏡をかけるのが手っ取り早い方法かと思います。

ただ、老眼鏡は視力を矯正できても、老眼を予防することはできません。ただ、応急処置的にピントを合わせてくれるだけなので、見え方は変わっても目の状態は一向に良くならないですよね。

なので当サイトでは、時間はかかってもサプリで根本的に目の状態を良くしていくことが大切だと考えています。いつまでも若々しい健康な目でいたいと願うなら、その場しのぎの対策ではなくサプリがおすすめですよ。

老眼サプリについてのまとめ

以上で、老眼サプリにについての紹介を終わります。

巷には、自分でできる老眼対策法が沢山ありますが、当サイトではサプリで目に栄養を補給することが目の老化防止に最も効果的だと考えています。

今回こちらでは10種類のサプリを紹介しましたが、当サイトのおすすめは成分バランスの良い「めなり」です。成分の質・量のどちらでも高く評価できるので、いつまでも若々しい目を保ちたいという方にぴったりだと言えるでしょう。

最後になりますが、以下に今回紹介しためなりの公式サイトを載せていますので、少しでも気になったらぜひ一度ご覧ください!年齢に負けずに、近くも遠くもはっきりと見える健康的な目を維持できると良いですね。