【ほとんど効かない!?】ブルーベリーで眼精疲労が治るのは嘘?

MENU

【ほとんど効かない!?】ブルーベリーで眼精疲労が治るのは嘘?

昔から目に良い食べ物といえば「ブルーベリー」が有名ですが、眼精疲労を治すほどの効果があるというのは本当なのでしょうか?

こちらでは、ブルーベリーと眼精疲労の関係について紹介するとともに、気になる噂の真相を明らかにしたいと思います!

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目の疲れを和らげる

まず初めに、ブルーベリーが目に良いという噂の真相についてお話したいと思います。

結論から言うと、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」には目の疲れを回復させる効果があります。よって、ブルーベリーを食べると眼精疲労が治るというのは単なる噂ではありません!

それでは、アントシアニンが具体的にどのように目に良いのか詳しく見ていきましょう。

光を脳に伝える「ロドプシン」の再合成を助ける

アントシアニンには、目の網膜に存在する「ロドプシン」という物質を再合成する働きがあります。

そもそも人間の脳は、目に入った光から情報を読み取って物を見ることができています。ロドプシンは、この光を電気信号に換えて脳に伝えるという重要な役割を果たしているのです。

このロドプシンは、光を電気信号に換える過程で分解されたのちに再合成されるというリズムを繰り返しています。しかし、何らかの原因で目を使い過ぎてしまうと、目に入ってくる情報量に対してロドプシンが不足してしまいます。

すると、目で見た情報が脳に伝わらなくなり、やがて「目がかすむ」「目がチカチカする」などの眼精疲労の諸症状に悩まされることになるでしょう。

そこで力を発揮するのが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンです!アントシアニンはロドプシンの再合成を促進させるので、目の機能を高めて「よく見える状態」を維持する効果が期待できます。

アントシアニンは戦争でも活躍した!?

ブルーベリーの力は、第二次世界大戦中にある一人の兵士によって発見されたと言われています。

イギリス空軍に属していたその兵士は、実家から送られてくるブルーベリーを食べるのが毎日の習慣でした。それ以外は他と何ら変わらない生活を送っていましたが、彼は戦争での生還率がとても高かったのです。

そして、彼は同僚に「夜の飛行でも敵の飛行機がよく見える」と話していたと言います。この発言が当時の学者たちの間で話題となり、ブルーベリーの研究が行われた結果、その力が世に知れ渡ることになりました。

ブルーベリーの摂取目安量とタイミングは?

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが眼精疲労を回復させることはわかりましたが、その力を最大限発揮させるためには摂取のタイミングや量が大きく関わってきます。

こちらでは、アントシアニンの必要量や摂取において注意すべきポイントを2つ紹介していきたいと思います!

1日120mg以上摂るのが理想的

1日に必要なアントシアニンは、120mg以上が目安とされています。これはブルーベリーだと30粒程度に含まれる量で、毎日両手一杯分ほどのブルーベリーに相当します。

効果を発揮するのは4時間後

アントシアニンは摂取から大体4時間ほどで効果を発揮すると言われています。また、その効果は24時間持続します。

なので、もしパソコンを使うなら、作業の前にアントシアニンを摂取するのが効果的です。

毎日ブルーベリーを摂るならサプリがおすすめ!

アントシアニンが目に良いことは事実なのですが、毎日ブルーベリーを両手一杯分食べ続けるってなかなか現実的じゃないですよね…。

そこでおすすめしたいのが、目に必要な栄養が一度に摂れるアイサプリの活用です。特にアントシアニンは一度に大量に摂っても意味がないので、1日の目安量を守って毎日継続するのが目の健康に繋がります。

当サイトでは、口コミで人気のアイサプリ10種類を実際に購入して、成分や価格、飲みやすさなどを徹底的に比較して一番良いサプリはどれなのか検証しました。効率よく眼精疲労を治したいなら、ぜひチェックしてみてくださいね!

当サイトおすすめのアイサプリランキングTOP3

一望百景の特徴
一望百景は沖縄産紅芋由来のアントシアニンを豊富に含んでいます。紅芋に含まれるアントシアニンはブルーベリーよりも加熱に強く、加工の段階で有用成分が失われにくいのが特徴です。また、八重山かずらやもずくなど、全て国産素材にこだわって作られているので安心して飲むことができるでしょう。
定期購入初回の料金 1,620円
評価
原材料 紅芋、八重山かずら、もずく、マリーゴールドなど
一望百景の総評
一望百景はアイサプリの中では珍しく、ブルーベリーを一切使用していません。ただ、原料に使用されている紅芋はブルーベリーよりもアントシアニンを豊富に含んでいます。なので、眼精疲労を早く何とかしたいという方にもおすすめです。また、一望百景はその他の原材料も全て国内の契約農家から取り寄せており、安心して飲める正真正銘の国産アイサプリだと言えるでしょう。
めなりの特徴
めなりはブルーベリーの品種でアントシアニンが最も豊富な「ビルベリー」を使用したサプリです。ただのビルベリーではなくアメリカで特許を取得した特別な品種を使用しており、体への吸収率・持続力が格段に高いことが証明されています。また、ルテインやアスタキサンチンなどのサポート成分も充実しており、疲れ目やドライアイなど目の悩みを幅広くカバーできるサプリです。
定期購入初回の料金 907円
評価
原材料 ビルベリー、カシス、マリーゴールド、ヘマトコッカス藻など
北の国から届いたブルーベリーの特徴
北の国から届いたブルーベリーは、北欧の自然で育ったビルベリーから作られたアイサプリです。1粒に約60個分のブルーベリーエキスが凝縮されており、1日1粒の習慣でしっかりと目の健康を維持してくれます。また、これまで700万袋を販売してきた実績があり、商品の信頼性という面でも高く評価できるでしょう。
定期購入初回の料金 1,900円
評価
原材料 ビルベリー、カシス、メグスリノ木、マリーゴールド、コエンザイムQ10など

当サイト一押し!眼精疲労に最もおすすめなのは「琉球アイサプリ 一望百景」

一望百景のおすすめポイント5つ

  1. ブルーベリーより加熱に安定した紅芋由来のアントシアニン配合
  2. 1日1粒飲むだけなので毎日続けやすい。
  3. 国産素材のアイサプリだから安心。
  4. 1日あたり60円でお財布にも優しい。
  5. 30日間の全額返金保証付き

比較の結果、最もおすすめできるアイサプリは一望百景という結果になりました。一望百景は沖縄産の紅芋、八重山かずら、もずく、千寿菊など全て国産の原料を使用した国産のアイサプリだから安心して飲むことができます。

肝心の成分についても、他のサプリより多くのアントシアニンやルテインを含んでいます。なので、パソコンやスマホで疲れた目をしっかりとケアできるのが嬉しいですね。

また、沖縄産のもずくには長寿の秘訣とも言われる注目の成分「フコイダン」も含まれており、毎日の元気をサポートしてくれますよ!