頭痛や肩こりをスッキリ解消!眼精疲労を癒すアロマの上手な使い方!

MENU

頭痛や肩こりをスッキリ解消!眼精疲労を癒すアロマの上手な使い方!

1日中スマホやパソコンに囲まれて過ごす今の時代、眼精疲労に悩む人が年々増えています。ひどい場合は、頭痛や肩こりなど体にまで支障が出ることも…。

そうならないためには、疲れを溜め込まずにその日のうちに解消することが大切です!そこで今回は、リラックス効果のあるアロマオイルを使って疲れ目を楽にする方法を紹介したいと思います。

眼精疲労におすすめ!疲れ目に効果的なアロマ7選

突然ですが、アロマって全部で何種類ぐらいあるかご存知ですか?私も全く検討がつかなかったんですが、一般的に流通しているアロマだけで約300種類ほどあると言われています。

300種類からひとつ選ぶってなかなか大変ですよね…。ですので、当サイトでは人気のアロマから眼精疲労に効果的な7種類を厳選しました!香りのタイプ別にそれぞれの効能を紹介していきますので、選ぶ時の参考にしてみてくださいね♪

柑橘系

ベルガモット

カナリア諸島原産のフルーツ「ベルガモット」から抽出された香りです。アールグレイの香りづけとしても有名で、甘くて爽やかな香りが特徴です。心を落ち着かせる作用や不眠にも効果的だと言われています。

オレンジ・スイート

オレンジ由来の甘酸っぱい香りが特徴で、年齢や性別問わず人気の香りです。リフレッシュ作用があり、不安や緊張から気持ちを前向きに切り替える効果が期待できます。また、安眠のアロマとしても有名なので寝る前の使用がおすすめです。

フローラル系

ラベンダー

言わずと知れた代表的な香りのひとつで、自律神経を整えたりイライラを落ち着かせる働きがあります。他の精油と馴染みやすいのでブレンドして使うのもおすすめです。体の様々な不調に効果的なので、迷ったらこれ!という王道の香りだと言えるでしょう。

カモミール

鎮静作用があり、緊張やストレスなどの負の感情を落ち着かせてくれる作用があります。また、安眠をサポートする香りとしても知られており、寝る前に使用することで睡眠の質を高めることができます。

ネロリ

柑橘系の爽やかさとフローラルの甘さを併せ持つ香りで、化粧品や香水などにも利用されています。心を落ち着かせてくれる作用があるので、ぐっすり眠りにつきたい時にもおすすめのアロマです。

ハーブ系

クラリセージ

ナッツのような香ばしさと甘さを持ち合わせた香りで、ホルモンバランスを整える効果があります。また、鎮痛作用もあるので頭痛や肩こりなど眼精疲労による痛みの緩和にも役立ちます。ただし、妊娠中は控えてくださいね。

樹木系

ローズウッド

バラの香りと樹木のボタニカルな香り両方の良さを持つ香りです。リナロールという成分が、心を落ち着かせたり前向きな気持ちにさせてくれます。また、鎮痛作用もあるため眼精疲労による頭痛にも効果的だと言われています。

ホットタオル&アロマでリラックス効果倍増の湿布ケア

長時間ずっと画面とにらめっこしていると、段々目がショボショボしてきますよね…。実はそれ、眼精疲労の前兆でもある「ドライアイ」の症状なんです。

ドライアイは、まばたきの回数が減ることで涙の量や質が変化してしまう状態のことを言います。涙には目の健康を守る大切な役割がありますから、放っておくと眼精疲労に陥って全身の不調を引き起こすかもしれません。

そんな時に効果的なのが、タオルとアロマを使って目元を温めるケアです!どこの家庭にもあるものを使って簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ケアの方法

用意するもの

  • タオル2~3枚
  • 洗面器
  • お好みのアロマオイル
  • レンジ対応のジップロック

やり方

  1. 洗面器に水を張りアロマオイルを数滴垂らして混ぜる。
  2. 4分の1のサイズに折り畳んだタオルを洗面器の水に浸けてよく絞る。
  3. 2をジップロックに入れる。
  4. 3をレンジに入れて600Wで2分加熱する。
  5. レンジから取り出したらタオルを元の状態に広げて40℃ぐらいまで冷ます。

ホットタオルだけでも十分効果がありますが、アロマオイルを少し足すだけでリラックス効果がアップします。また、一度に2~3枚のホットタオルを作っておくと途中で温めなおす手間が要りません。

もし、一時的な目の疲れで充血などの炎症を起こしている場合は、冷水を使った冷たいタオルで目元を冷やすのがおすすめです。

頭痛や疲れ目に最適!オイルマッサージでこめかみをほぐす!

疲れ目の原因は、目を使い過ぎることで目元の筋肉が凝り固まってしまうことが原因です。また、血流やリンパの流れが悪くなると目に十分な栄養が行きわたらずに視力低下や頭痛を起こすことも…。

そんな時に有効なのが、こちらのアロマオイルを使って目元やこめかみをマッサージするという方法です!

ケアの方法

用意するもの

  • お好みのアロマオイル
  • ベビーオイル

やり方

  1. ベビーオイル大さじ1杯にアロマオイルを1滴垂らして軽く混ぜる。
  2. 1を少量ずつ手に取りこめかみに塗る。
  3. 人差し指の腹でクルクルと円を描くように30秒程度マッサージする。

こめかみには「太陽」と呼ばれるツボが存在します。この太陽は別名「眼医者殺し」とも言われており、老眼、頭痛、疲れ目など様々な目の不調に効果を発揮するツボです。

また、こめかみにはその他にも疲れ目に効くツボが集中しているため、マッサージすることで眼精疲労を和らげる効果が期待できます。

マッサージ後はオイルを洗い流さずに、ティッシュやタオルでふき取る程度にしておくとアロマの香りが残って癒し効果もアップしますよ♪

足裏マッサージで血行促進!アロマの快眠効果で翌朝スッキリ!

疲れた目を休ませる一番の方法は質の良い睡眠です。こちらでは、不安やイライラなどの気持ちを落ち着かせて寝つきを良くするための足裏マッサージについて紹介していきます!

ケアの方法

用意するもの

  • お好みのアロマオイル
  • ベビーオイル

やり方

  1. ベビーオイル大さじ1杯にアロマオイルを1滴垂らして軽く混ぜる。
  2. 1を片方の足の裏全体に馴染ませる。
  3. 上の画像を参考に親指と中指で挟むようにツボを押す。
  4. ゆっくりと息を吐きながら3秒間押して力を緩める動作を10回ほど繰り返す。
  5. もう片方の足も同じようにツボ押しする。

足の裏をマッサージして目の疲れが取れるって、あんまりピンとこないですよね…。でも実は、足の裏って「第二の心臓」と言われるほど、全身の健康と深い関わりがあるんです。

また、足の裏には目に効くツボもあるので、アロマでマッサージしてあげることで疲れ目の解消やリラックス効果が得られるという訳ですね!

目だけでなく全身が疲れているという時にも効果的なので、お風呂上りや寝る前にマッサージすると翌朝スッキリと目覚められますよ♪

忙しくて時間が取れない時はこれ!

これまでアロマを使った眼精疲労のケアについて紹介してきましたが、忙しくてそんな時間とれない!という場合でも簡単にできるおすすめの方法を2つ紹介したいと思います。

アロマバス

アロマバスは、湯船に好きなアロマオイルを2~5滴垂らすだけというとても簡単な方法です。アロマの香りでリラックスできますし、微量ですが精油成分が直接体内に浸透すると言われています。

これなら忙しくてケアの時間を取れなくても、お風呂に入るついでにできるのが嬉しいですよね!オイルを垂らした後によくかき混ぜると、香りが広がりやすくなりますよ♪

アロマデフューザー

アロマデフューザーとは、ミストの力でアロマの香りを部屋中に届けてくれる電化製品のことです。加湿機能が付いているものは乾燥が気になる秋冬には加湿器としても使えます。

使い方はとても簡単で、ディフューザーの中に水とアロマオイル数滴を入れるだけです。タイマー付きの製品を選べば、寝る前にセットして睡眠の質を高めることもできます。

2~3日に1度お手入れが必要なのはちょっと大変なんですが…。ただ、使い方はとても簡単で目覚ましをセットする感覚で気軽にできるので、忙しくても毎日続けられますよ!